女性のためのボディコンディショニング LIFE STEM

さいたま市西区の理学療法士によるマタニティ&産後・女性への出張専門の整体・コンディショニング。乳がん術後・子宮がん術後などによるリンパ浮腫治療を行っています。お気軽にお問い合わせください。

blog HP プロフィール マタニティ 産後ケア 産後ママ

☆骨盤 -男女の違いは?- ☆

更新日:

こんにちは♪

 

先日は『骨盤』について記載しましたが

男性も女性も骨盤はありますよね。

では男性と女性との骨盤の違いってあるのかなぁ?

 

「女性は妊娠するから、骨盤は男性に比べて広い」

とよく耳にしたことはありますが・・・

 

男女の骨格の中で最も大きく性別の違いが見られるのは

『骨盤』です。

昔、殺人事件などのドラマで性別不明の場合、

骨盤で性別判別しているシーンをよく見た記憶があります。

 

実際、どうなんでしょう?

 

※インターネットよりお借りしました

 

男性の骨盤・・・ハート型で、女性に比べるとやや狭いのが特徴

女性の骨盤・・・円形状で、広くて浅いのが特徴

女性の形状は、妊娠や分娩に好都合な形なんですよ♪

(個人的にハート型だと女性っぽい印象でしたがそうはいきませんね・・・)

 

女性の方が男性比べて

骨盤が大きく広いのは妊娠&出産のためなんですね♪

 

 

上図のままでは

骨盤内にある内臓や妊娠中であれば赤ちゃんが

ズルンッ!!!と落ちてしまいますね・・・

 

落っこちないように下から支えているのが

『骨盤底筋(こつばんていきん)』という筋肉になります!

※インターネットよりお借りしました

上図でいうと

骨盤内にある赤い部分が『骨盤底筋』になります。

 

まるで【お椀】のようなイメージでしょうか。

この筋肉があるおかげで

膀胱・子宮・腸などの内臓器が落っこちることなく

骨盤内に収められています。

 

妊娠中であれば、

+babyも支えてくれますね♪

 

骨盤という骨の形状のように

この骨盤底筋にも男女差はあるのでしょうか?

もちろんありますよ~!

 

女性は尿道・膣・肛門があるので

骨盤底筋には3つの穴があります。

 

では男性は・・・

肛門のみなので穴は1つだけになりますね。

 

女性の場合、

3つの穴があること、

また妊娠&出産で負荷がかかりやすかったりすること・・・

そのことにより

骨盤底筋の弱化は男性に比べたら多いかと・・・

 

妊娠中&産後に適したケアやトレーニングを行わず

間違った使い方をしてしまうことで

・骨盤底筋の筋力低下・・・

・尿漏れ・・・

・骨盤の不安定性・・・

・痛み・・・

・加齢に伴う筋力低下・・・

などの症状が現れやすくなってしまいます。

症状が出ない方もいます。

 

大切なことは、

自分の身体に目を向けて

整えてあげることが大切です。

緩すぎず・・・

硬すぎず・・・

適度な柔軟性が必要ですよ。

 

骨盤底筋をトレーニング出来ていますか?

意識出来ていますか?

☆骨盤底筋を意識せずに腹筋を鍛えている・・・

☆咳やくしゃみが多い・・・

☆便秘がちで排便時にいきむ人・・・

この場合も骨盤底筋に負担がかかっている可能性があります。

 

LIFE STEMでは

その人の身体に向き合い、

生活スタイルを確認させていただきながら

ケアの方法をお伝えさせていただいています。

日々の生活に何らかの支障を来たしているトラブルを

少しでも和らげるお手伝いが出来ればと思っています♪

 

ママはなかなか自分の時間がゆっくり取ることが出来ません・・・

自分の身体を知り、セルフケア出来ると良いなと思っています。

 

「ん~、誰かとおしゃべりしたい!」

そんなお喋りをしながらケアをするのもgoodだと思います♪

大事なことです♪

 

ママが健康じゃなきゃね!

ママが笑顔じゃなきゃね!

子どものたちのためにも

家族のためにも

ママ自身のためにもね♪

 

女性のためのボディコンディショニング

LIFE STEM まなみでした!

-blog, HP, プロフィール, マタニティ, 産後ケア, 産後ママ

Copyright© 女性のためのボディコンディショニング LIFE STEM , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.